結婚相手の所属国における結婚成立の条件を確認

国際結婚というのは、憧れる人も多いですが、言語、宗教、文化、習慣の違いを乗り越えて男女が結ばれるので、通常の結婚よりもハードルが高いとされています。
特に、宗教や習慣が保守的な国の場合、結婚条件も相手側の国の条件にあわせることが強いられます。
それでも構わないという場合には、結婚生活がうまくいきますが、現地の習慣に馴染むことができない場合には国際結婚は容易に破綻してしまうのです。
アメリカでは人種、言語、習慣、宗教を越えた国際結婚が当たり前ですが、それはアメリカという共通性を持っているので出来ることです。
日本人というのは宗教に対して柔軟に対応できますが、やはり相手側が厳格な宗教の場合には結婚生活が難しくなってしまうケースが多いです。
国際結婚はお互いの国を理解するか、または第三国という貴族国がなければなかなか成立するものではありません。
憧れることは個人の自由ですが、それでもきちんと現地実将来を見据えましょう。


Favorite


受注管理ならお任せください



Last update:2020/2/20

Copyright (C) 2008 言葉の壁を越えた「幸せ」 All Rights Reserved.