相手の国で国際結婚する手続き

外国での結婚ですから、当然その国の法律やルールに則る必要があります。
在日大使館や領事館、あるいは既に現地在住なら現地の役所に問い合わせて国際結婚に必要な書類や手続きを確認しましょう。
多くの国で必要とされるものとしては、婚姻要件具備証明書、つまり、本国で結婚可能な人間だということを相手国の役所に証明する書類が挙げられます。
相手国にある大使館・領事館で発行されたものを要求されることが多く、日本国内で取得してから持ち込む場合には認証という一手間が必要になります。
事前に用意すべきものが整ったら相手国の役所へ行き、その法律に則って国際結婚の手続きなどを済ませます。
相手国での結婚が成立すれば、今度はそれを日本の役所に伝える必要があります。
現地で結婚証明書を発行してもらい、これに日本語訳を添えて婚姻届や本人の戸籍謄本とともに相手国にある大使館・領事館に提出するか、あるいは本籍地のある役所に提出、郵送すれば結婚は両国で認められるものとなります。


recommend


瑕疵物件 相場



最終更新日:2019/11/27

Copyright (C) 2008 言葉の壁を越えた「幸せ」 All Rights Reserved.